From Editor’s

毎週水曜日は、LEON編集部員が日々の誌面作成や、取材で知り得たコトをお届けするコーナーです。今回は、西へ東へと出張続きの編集部八木の登場です。


ライフスタイル担当の八木です。まあ暑い。こんなにも日本って暑いのですか。暑いと、こんなにもお酒を欲するのですか。と、いうわけで(唐突)、ザ・リッツ・カールトン東京さんにお誘いいただき、45階の「ザ・バー」にてイタリア・ミラノ発祥で話題のバー「CAMPARINO(カンパリーノ)」のヘッドバーテンダー、トンマーゾ・チェッカ氏が作る、一夜限りのカクテルイベント『バーテンダー テイクオーバー』を体験してきました!

招待された時間は、メディア枠ではなく、BAR業界関係者の方々と。東京屈指のBARのバーテンダーが集まっている日暮のバーカウンターをパシャリ。なんてクールなのでしょう。

スペシャルカクテルはこちらの3種類。カンパリは基本的にベルガモットやソーダでいただいたことしかなかったので、材料を覗き込んだだけでワクワクしました。

1杯目にいただいたのが、「ビターパロマ」。カンパリをソルティドッグのようにアレンジしたカクテルは、グレープフルーツの爽快で甘酸っぱい柑橘に、ソルトを舐めながら飲むと味が引き締まります。テキーラも入っているもんだから、一気にご機嫌モードに(笑)。

まさにカンパリカラーな夕景を背に、カクテルを作ってくれていたトンマーゾ・チェッカ氏。 夏らしく、紳士なホワイトジャケットスタイルが決まっていました! こちらのイベント、一般の方もオーダー可能で、次回はまたバーテンダーを変えて9月1日に開催予定だそうです。ぜひ飲みに行ってみてくださいね!